エアコン工事の正義を追求しましょう

ご来訪184424名様(since Aug.5 2007) あなたのエアコンは不当な手抜き工事のおかげで取り付けた時点で不良品になっている可能性があります。 このサイトはエアコン手抜工事の実態を明らかにして、正しいエアコン工事を求めていきます。 ※様々なお立場でのご意見があります。内容についてはあなたご自身で判断して下さい。

新規投稿フォーム

マナーを守ってご利用ください
文字回込指定(任意)

タイトル:情報が偏ってるのでは・・?

 投稿者:通りすがりのアエコン屋さん 返信
大手家電量販店の下請けをしてますが・・  最近のネット情報を知ったかぶりの、消費者が増えすぎて困ってます。
真空ポンプの使用って、当たり前でしょう! 十五分って、何でですか?真空になれば良し! フレアーの接続不良でも真空ゲイジで判るのは、よほど(フレアが破損)のときくらいでしょう・・・ メーカーの据付説明書自体、無理難題な事も平気で記載されています。 要は、ガス漏れが無く、綺麗に、丁寧に早く仕事が出来ればよいのでは? 結果良ければ全て良し! 暑く成らなければ、買わない消費者にもうんざりです。 毎年、夏は暑い!当たり前! アエコンは、暑くなる前に買いましょう! そうすれば、ややこしい、夏場の応援業者に取付されずに、済みますよ!(笑)
Saturday, August 29, 2015 06:46:52 AM No.151 編集 削除

タイトル:皆様に正しい知識を

 投稿者:匿名さん 返信
真空引きによる取り付けを否定するわけでも、エアパージを肯定するわけでもないことを前提にお聞きください。
まず、一昔はエアパージによる取り付けがメーカー推奨となっておりました。今はフロンによる公害を理由に真空引きを推奨しています。これはあくまでもエコ企業としての体裁のためです。
また、エアパージが違法などという事は一切ありません。
エアコン冷媒の種類は変わりましたが、基本的な構造は変わっていないのでエアパージによる故障はまず有り得ません。
また、エアコン用冷媒ガスの組成が変わるという事については、一度混ざったガスが偏り再び分離する事は有り得ません。
ガスの量が減る事については、確かに真空引きに比べてガスの量は減りますが、元々多めに入っていますので、4~5回の移設は大丈夫です。そんなに移設する事もないとは思いますが…
公害に関して言えばもちろん真空引きの方が良いでしょう。ただ、エアパージ程度の大気開放が横行しようとほとんど公害にはなりません。
エアパージの方が寿命が伸びるという意見もありますし、それに元々メーカー推奨方法なわけですし、一概にエアパージが悪い!手抜き!というわけでもありません。どちらの方法にもメリットやデメリットがあります。
これでも手抜き!公害!という方は、もちろん車は電気自動車で、家には太陽光パネルが着いているのでしょうね…
Friday, May 29, 2015 02:48:45 AM No.150 編集 削除

年別アーカイブ